コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

「生きていてよかった」=目に涙、厳しい表情の原告も-基本合意成立・水俣病訴訟(時事通信)

 「基本合意が成立」。水俣病をめぐる損害賠償請求訴訟で29日、和解に向けた基本合意が成立。熊本地裁の玄関から走り出た弁護士らが、正門前に垂れ幕を掲げると、集まった原告団から一斉に歓声と拍手が上がった。
 原告の一人、鹿児島県出水市の女性(70)は、目に涙をいっぱいためながら、静かに手を合わせた。35年ほど前からまひなどの症状を発症し、寝込みがちに。「話すことも、笑うことも難しくなった。どん底だった」。周囲の偏見の目は厳しく、夫の家族から厳しい言葉を掛けられたこともあった。この日を迎え、「生きていてよかった。私を生かしてくれてありがとう」。2年前に亡くなった母にそう祈ったという。
 熊本県上天草市に住む男性(60)は「50年かけて一山越えた」と話したが、厳しい表情は一切緩めなかった。体の痛みや、周囲の偏見は今も残る。「水俣病は終わってない。これからまだまだ険しい山を登らないといけない」と淡々と語った。 

【関連ニュース】
被害者に改めて謝罪=小沢環境相
非訴訟派被害者も救済へ=裁判と並行、5月までに
水俣病訴訟、和解が成立=一時金210万円、団体加算金29億円
水俣病訴訟、和解へ=原告団が受け入れ決議
チッソも和解受け入れ表明=被告3者そろう

<受動喫煙防止条例>神奈川県で施行 民間施設でも喫煙規制(毎日新聞)
トヨタ紡織、会長にダイハツの箕浦社長(レスポンス)
関東で暴風、6人が負傷…空と陸の足に乱れ(読売新聞)
「ゆとり」に決別、ページ大幅増…小学教科書検定(読売新聞)
独法人件費アップを否定=一部報道「誤報だ」-近藤経産政務官(時事通信)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

放たれる白い光…太陽の塔、40年ぶりに目玉点灯(産経新聞)

 大阪万博から40周年を記念して夜間点灯が復活することになった「太陽の塔」の両目の点灯記念セレモニーが27日、大阪府吹田市の万博記念公園で開かれた。点灯は午後7時から毎日実施する予定で、継続的に点灯するのは開催当時以来。

 この日のセレモニーで、塔の一番上にある「黄金の顔」の両目(直径約2メートル)が白い光を放つと、大勢の来園者から歓声が上がった。塔の絵を緑色のレーザー光線が照らし、夜空には色とりどりの花火が彩りを添えた。

 点灯は万博開催当時、強い光だったため空港路線に配慮して期間限定だったが、今後、当時より照度の弱い発光ダイオード(LED)を使用して継続的に点灯する。

【関連記事】
「若い太陽の塔」を公開 万博前に岡本さんが制作
「地底の太陽」はどこにいる?情報提供ゼロで関係者お手上げ
太陽の塔に“第4の顔”「地底の太陽」を探せ! 情報募集
反博の巨像だった太陽の塔
芸術は爆発だ! 太陽の塔をデジタルアートに
あれから、15年 地下鉄サリン事件

まばゆいカラーモード 10年春夏神戸コレクション(産経新聞)
中国で「グーグル離れ」相次ぐ ネット業者、検索機能排除も(産経新聞)
敏いとう氏を参院選擁立=国民新(時事通信)
自民党執行部に意見を言う会合、舛添氏ら欠席(産経新聞)
国外移設へ首相を説得=社民・福島氏(時事通信)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

クロマグロ禁輸案 「否決」最終決定(産経新聞)

 【ロンドン=木村正人】13日からカタール・ドーハで行われていたワシントン条約締約国会議は25日、全体会合を開き、閉幕した。大西洋・地中海産クロマグロを絶滅危惧(きぐ)種に指定し、国際取引を禁止するモナコや欧州連合(EU)の提案について再投票を求める異議は出ず、大差で否決した第1委員会の勧告がそのまま承認された。

 国際取引禁止後もEU域内の取引を継続する考えだったEUは、漁業国や途上国の反発に遭った上、加盟国の結束も乱れ、修正案提出や再投票を見送った。

 結局、今会議で議論された42提案のうち、サメ類8種や宝石サンゴなど水産物に関する提案はすべて否決され、環境保護運動を主導してきた米国やEUの影響力低下を印象づけた。最大のクロマグロ消費国である日本は今後、違法漁業追放のためクロマグロに番号札をつける漁獲証明制度の導入などを主張する方針だ。

 全体会合では米国が提案したホッキョクグマの国際取引禁止案の否決を承認。タンザニアとザンビアの象牙禁輸解除案も否決した。

重文の仏像盗難…収蔵庫の扉こじ開けられる(読売新聞)
仕分け、党に協力要請=首相(時事通信)
<DV>被害登録の女性救出にパト20台、ヘリも 熊本県警(毎日新聞)
神戸の児童自立支援施設で体罰 市が処分を検討(産経新聞)
<人事>警察庁(毎日新聞)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

出資法事件で逮捕状の邦人拘束=入管法違反容疑-タイ当局(時事通信)

 【バンコク時事】タイの捜査当局は22日、バンコクに滞在していた永野衛容疑者(64)を入国管理法違反容疑で逮捕した。永野容疑者は石油採掘事業をめぐる出資法違反事件で広島県警から逮捕状が出されており、近く日本側に身柄が引き渡される見通し。
 広島県警は2007年2月、永野容疑者が社長を務めていた熊本市の石油製品輸入販売会社「ジャパンエージェンシー」が石油採掘事業などへの出資名目で多額の資金を違法に集めたとして、関係先を家宅捜索した。 

【関連ニュース】
出資法違反「女相場師」に実刑=高配当うたい主婦ら被害
危ない投資話に注意!=「必ずもうかる」、被害増加-HPで呼び掛け・警視庁
氏名確認せず携帯電話貸す=「090金融」グループに
笹川氏孫名乗り、出資金詐取=「利子30%」とうそ、56歳女逮捕
「食用油販売益で元本3倍」=1億8千万集金、会社会長ら逮捕

モンベル社カード情報流出 不正利用被害100人超(産経新聞)
西日本中心に気温上昇、強風=大分で29.3度、記録続出-低気圧接近、警戒を(時事通信)
新たにわいせつ行為認め賠償増額=浦安市元教諭虐待訴訟-東京高裁(時事通信)
留め具が屋内用、劣化し通信線垂れる…JR停電(読売新聞)
小林議員、辞職・離党を否定=「職責を全う」(時事通信)
このページのトップへ
コンテントヘッダー

<遺体解剖>別人と取り違える 東京都監察医務院(毎日新聞)

 東京23区で見つかった死因不明の遺体を調べる東京都監察医務院(東京都文京区)が今月7日、病死のため解剖が不要と判断された男性(75)の遺体を別人と取り違え、誤って行政解剖していたことが23日、分かった。

 警視庁城東署によると、75歳の男性は7日午前、江東区の自宅のベットであおむけで死亡しているのが見つかった。検視で病死と判明したため、解剖は不要とされ、同署の霊安室で袋に包み安置していた。ところが、医務院職員が7日午後、死因不詳で解剖の必要があるとされた男性(84)の遺体を医務院に搬送する際、近くに安置されていた75歳の男性の遺体と取り違えて運び出したという。

 84歳の男性には解剖対象であることを示すリストバンドが巻かれていたが、医務院の職員が袋を開封してバンドの有無を確認しなかった。医務院の監察医もバンドをチェックせずに解剖。終了後に職員が気づき、改めて84歳の男性を解剖した。【山本太一】

【関連ニュース】
臨場率:21年ぶり2割超 検視官増員で効果
解剖率

「閣僚は国務に専念を」=小沢氏(時事通信)
「たまゆら」運営法人の認証取り消し=理事長ら起訴受け-群馬県(時事通信)
教科書掲載、200年来の謎「原形質流動」メカニズムを初解明 京大(産経新聞)
<水戸検察審>男性の不起訴「不当」 強盗致死事件で議決(毎日新聞)
【科学】注目される粘菌の高度な「知性」(産経新聞)
このページのトップへ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。